茨城のリフォーム・工務店なら株式会社市村建設へ
HOME>ハウスメーカーとの比較

ハウスメーカーとの比較

家づくりをどこに依頼するか。

家づくりは大手ハウスメーカーと地場の優良建設業者、どちらがいいんでしょう。

 

ハウスメーカーは時間と手間が惜しい人向け。 地場の建設業者よりも割高だけど、決まったプランやカタログなどから選んべる便利さがある。 ですが住宅価格の3割~半分を占める諸経費が含まれていることが多い。
その理由としては住宅展示場やパンフレット、営業マン、販促維持費、人件費などの経費がかかるため、その金額がお客さんにのし掛かるため割高になるといわれている。

こだわりの住宅を造りたい人は、優れた技術を持つ地場の建設業者・職人に直接、家造りを注文した方が、ハウスメーカーよりも希望が叶う。しかも価格も比較的安く長持ちのする住宅が造れる。

 

建設業者とハウスメーカーの違い
建設業者のメリット

代表者が大工職が多くしかも地域密着型なので、施工、アフターともにきめ細かい対応が出来る。
家づくりの最初からアフターまで同じ担当者であることが多く、思い通りに意思が通りやすい。
決まったプランなどない場合が多く、すべてが自由設計の注文住宅。ハウスメーカーとは違いモデルハウスもなく販促スタッフなどもいない欠点はありますが、余計な経費を多く掛けないため価格が安い。お客さんと経営者の距離が近いので多少の変更追加工事などがあったとしても、差額無しか割安価格で済む。

 

建設業者のデメリット

会社の規模が小さな場合が多く、お客さんに不安感をあたえたりするイメージがある。
展示場、モデルハウスがないことが多く、家のイメージがつかみづらい。デザイン性の幅が狭い業者が多いと思われている

 
ハウスメーカーのメリット

会社の規模も比較的大きく、社会的な信用があり安心感をあたえるハウスメーカーもある。
住宅展示場にモデルハウスがあり、カタログなど家づくりをイメージする資料も豊富。
安定したレベルとデザイン力、企画商品のため提案も早く工期などもかからないと思われている。

 

ハウスメーカーのデメリット

販促スタッフと現場監督との意思疎通が無い場合が多く、トラブルが発生しやすい。
また、前例をみると倒産などの危険性もあり、その後の施工自体もストップし、借入金のみの残ることもある。
当初うたっている工事価格では、住むことが出来ない価格設定になっているハウスメーカーが多くマニュアル以外の別途工事が多く、融通は利くが多額の変更工事代金が掛かることが多い。
テレビ等での 広告費、展示場の維持費、人件費などのコストを価格に上乗せしなくてはならないため、地場の建設業者と同等の住宅と比べて価格が割高となることがある。

住宅の選びの今。

最近は住めればいい住宅から長期優良住宅に変わってきている。
どういうことかと言うと、使い捨ての時代からエコの時代へのシフトです。

当社では他社に劣らない在来工法の住宅を手掛けておりますが、さらに長期優良住宅を提供させて頂きたい意味でHABITA200年住宅を取り入れました。

問い合わせ